ネットショップで役立つパソコン知識

撮影した商品画像が暗い場合にはトーンカーブで色調補正してみよう

投稿日:

撮影した商品画像が暗い場合にはトーンカーブで色調補正してみよう

商品の撮影を終えてパソコンで写真を確認してみると思っていたよりも暗くなっていていまいちと思うケースがあります。万全な状態で撮影をしなおすことができればよいですが、もう一度撮影をするのは大変ということも多いです。その場合には、画像編集ソフトでトーンカーブを使うと良いです。

撮影した商品画像が暗い場合にはトーンカーブで色調補正してみよう

以前に商品撮影には、一眼レフのカメラを用意するよりも撮影ブースと撮影用のライトの用意をすると良いという記事を書きました。多くのネットショップの場合、商品を撮影する機会というのはそれほど多くないことが多いのではないかと思います。どれだけ道具を用意したり、経験を積んでもカメラマンのように失敗なく撮影というのは難しいのが実情です。

ネットショップの商品撮影には一眼レフはいらない

一番の失敗パターンは暗い写真になってしまうこと

商品撮影に限らないのですが、写真撮影で失敗するパターンとして一番多いのは暗い写真になってしまうことだと思います。商品の撮影ではないですが、違いがわかっていただける例を用意しました。

▼暗くなってしまいがちな地下街の写真です。

暗い地下街

▼これをトーンカーブで補正すると・・・こんな風に明るくなります。

トーンカーブで補正

ちなみに撮影時に、暗い写真にならないようにするには、「ホワイトバランス」の調整をすることで解消されるケースが多いです。撮影に関しては説明をし始めるときりがないうえに対象商品によっても異なるので下記のような本を読んで研究していただくと良いと思います。

トーンカーブで色調補正する方法とは、GIMPの場合、色>curveで

地下街の写真の例でトーンカーブの効果というのはわかっていただけたと思います。では、トーンカーブとはどうすれば良いのかという話ですが、無料画像編集ソフトGIMPを例にすると、下記の画像のようにトーンカーブの補正画面でカーブを左上にするだけです。ちなみにGIMPの場合、トーンカーブの設定画面は、色>curve とメニューを開くだけです。(GIMPは新バージョンになって少しわかりにくくなりました。以前のバージョンですとカタカナでトーンカーブというメニューがありました。)

トーンカーブ

上記のように「トーンカーブの調整」というウィンドウが開きますので、グラフのようになっている部分をつまんで左上にするだけです。程度については画像の変化を見ながら調整してください。トーンカーブは使い方が分かれば、簡易的に明度、色調、コントラストなどを補正できる強力なツールです。S字のカーブにしてみるとコントラストがはっきりするようになったりします。このあたりはいろいろ試してみてください。

ちなみにGIMPが何かわからない方は下記ページから

画像加工、編集ソフトのGIMP(ギンプ)のダウンロードとインストール方法







おすすめ記事

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 1

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

2

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

3

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

【確定申告】ネットショップの会計ソフトは freee がおススメ 4

確定申告の季節ですが、ネットショップを運営している方はきちんと確定申告されていますか?

もし、確定申告をされていなければ、早く始めましょう。特にモールに出店しているとモールの出店店舗が確定申告しているかどうかを税務署がチェックしているという話を聞いたことがあります。

ネットショップの場合には、特定商取引法によって販売業者は情報を明らかにしないといけませんし、お金の流れも通帳上で明らかになるので税務申告せずに済むというわけにはいきませんよ。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 5

前回の記事で私がカラーミーショップを選択する理由をまとめましたが、今回は、最近CMなどでも大きく宣伝している無料ネットショップサービス「BASE」との比較です。2つのサービスを比べると単純にどちらが良 ...

-ネットショップで役立つパソコン知識
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2019 All Rights Reserved.