ネットショップで役立つパソコン知識

同じプリンターで複数の設定を保存する方法(ヤマト運輸B2のラベル紙と普通紙の切替に便利)

更新日:

同じプリンターで複数の設定を保存する方法(ヤマト運輸B2のラベル紙と普通紙の切替に便利)

ラベル紙に印刷する際に印刷がかすれたり、トナーがきちんと定着せずに触ったらトナーが取れてしまって困っている人がいると思います。ネットショップ運営の場合には、普通紙に納品者を印刷するのは問題ないのに、ヤマト運輸のB2で発送伝票のラベル用紙へ印刷するときに失敗することが多く困っている人がいると思います。その対策です。

用紙設定をラベル紙にしないと印刷に失敗します。

そもそもラベル用紙に印刷する場合にはプリンターの設定をラベル紙に変更しておかないと失敗するケースが多いです。

ネットショップを運営開始直後は発送件数が少ないので、伝票に手書きをしていた人も売上件数が増えると運送会社から送り状発行ソフト(ヤマト運輸の送り状発行ソフトB2)が提供されるようになります。

いよいよ手書きから解放されると思ったところ、ラベ紙に伝票印刷をすると印刷がかすれたり、触ったらトナーが取れたりして困っている人がいると思います。

これが、なぜか最初はうまくいくのに少しずつ失敗するケースが増えてくるので、プリンターの問題だと誤認してしまいます。特にレーザープリンターの場合にはリサイクルトナーを使うと問題が発生しやすので、トナーが悪いんじゃないかとも勘違いします。ですが、プリンターやトナーの問題ではなく印刷設定の問題のケースが多いです。(リサイクルトナーは問題が起きやすいので少し高いですが、正規品を使った方が結果的に安くつくと個人的には思っています。)

宅急便などの伝票はラベル紙となりますので、プリンターの用紙設定を「ラベル紙」にすると改善するケースが多くあります。

ラベル用紙を印刷するごとに印刷設定を変えるのが面倒なのでプリンターを複数設定しておく

ですが、宅急便の伝票を印猿するたびにプリンターの用紙設定を変更するのは面倒です。また、設定を変更し忘れて印刷に失敗してしまい、再プリントということも発生します。

一方で、普段からラベル紙にしておくと、おそらくラベル紙への印刷はトナーをたくさん使うので、トナーの減りが早くなります。

そこで、回避策として、通常使うプリンターの設定とは別で、伝票印刷用に設定されたプリンター設定をコピーするという方法があります。

同じプリンターで複数の設定を保存する方法

1.デバイスとプリンターからプリンターの追加をします。

プリンターの選択

2.ローカルプリンターを追加する

ローカルプリンターを追加する

3.既存のポートを使用

既存のポートを使用

4.プリンターのインストール

普段使っているプリンターを選択してください。

プリンターのインストール

5.プリンター名を入力

判別しやすいように「ラベル紙用」といった形で入力すると良いでしょう。

プリンター名を入力

6.プリンターを設定する

新しく名前をつけたプリンターが増えていると思います。プロパティから用紙設定を「ラベル紙」と設定します。

通常使うプリンターはこれまでどおりのプリンターに設定しておき、ヤマトのB2などのプリンターの指定を新しく作った「ラベル紙」用に設定しておくことでいちいち切り替える必要もなくなり、間違えることも少なくなります。

いかがでしたでしょうか。もし、Windowsのバージョン違いなどでうまくいかなければ、「プリンター 複数設定」などで他のサイトを探してみてください。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップで役立つパソコン知識
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.