「商材、仕入れに関すること」 一覧

開場前に上から撮影した会場風景です。これは一部のブースですが、出店数の多さに圧倒されます。全体はこれの15倍ほどあります。

商材、仕入れに関すること

ネットショップの商材探しにGift Show(ギフトショー)は有効

2018/09/21    ,

ネットショップを運営するうえで一番大切なのは仕入先・商品を確保することです。ネットで仕入れることのできる商材はライバルが多くなりますので、できる限り他のショップが見つけることができていない仕入先・商品を見つけたいものです。その点、Gift Showをはじめとする見本市・展示会は商材探しに有効な場所です。

ネットショップ運営では定番となるロングテール商品を作ることが大切

商材、仕入れに関すること

ネットショップ運営では定番となるロングテール商品を作ることが大切

2018/09/10    ,

いわゆる店舗型のお店の場合には、人気商品や最新の新商品を陳列することが大切ですが、ネットショップの場合には逆に爆発的には売れないけども安定的な売上を生み出してくれるロングテールな定番商品が大切となってきます。定番商品の作り方や考え方についてまとめました。

ネットショップに適した商材、商品とは?利益視点と顧客視点で考える

商材、仕入れに関すること

ネットショップに適した商材、商品とは?利益視点と顧客視点で考える

ネットショップを開業するにあたっては当然のことながら売る商品が必要です。 もし、すでにこれを売りたいという商品があったり、他の人よりも有利な条件で仕入れることのできる商品がある人はその商品で勝負していけばいいと思います。 実際にはほとんどの人が商材探しからスタートすることになると思います。

では、商材選びはどのように進めたらよいのかということをまとめました。

商材、仕入れに関すること

ネットショップの商材はコア商材としてロングテール(ロングセール)商品を

2018/03/23    ,

ネットショップで販売する商材の選び方として大切なことはロングテール(ロングセール)に育つ商品を選ぶということです。流行りの商品、新商品と比べ華やかさはないですが、売上のコアとなる商品です。

輸入時のINVOICEは正確に。アンダーバリューはしてはいけない

商材、仕入れに関すること

輸入時のINVOICEは正確に。アンダーバリューはしてはいけない

2018/03/18    ,

ネットショップを運営するにあたり、必要な商材ですが、最近は競合の多い国内仕入れではなく少しでも競合が少ない輸入販売をする人が増えています。特に中国から輸入している人が多く、アリババなどを使って仕入れ先を見つけやすくなったのもその理由の一つだと思います。中国からの輸入をする場合には、アンダーバリューが常態化しています。しかし、アンダーバリューはしてはいけません。

メーカーでなくてもオリジナル商品は作れる。【発想の転換】

商材、仕入れに関すること

メーカーでなくてもオリジナル商品は作れる。【発想の転換】

ネットショップに限らず実店舗であってもオリジナル商品というのは、集客や固定客につなげることのできる有効なアイテムです。

でも、メーカーじゃないからオリジナル商品なんかできない

と思っている人が多いと思います。発想の転換でメーカーで無くてもオリジナル商品は可能です。

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.