商材、仕入れに関すること

ネットショップの商材はコア商材としてロングテール(ロングセール)商品を

更新日:

ネットショップで販売する商材の選び方として大切なことはロングテール(ロングセール)に育つ商品を選ぶということです。流行りの商品、新商品と比べ華やかさはないですが、売上のコアとなる商品です。

コア商材としてロングテール(ロングセール)商品の有無は売上の安定性に対する影響が大きい

ネットショップの運営においてロングテール(ロングセール)商品があるかどうかということは売上の安定性、顧客のリピート化に大きく影響します。

ロングテール(ロングセール)商品はどのような物で、どのようなメリットがあるのか

では、ロングテール商品とはどのような物かというと下記のような特長があるものです。

  • 長期間に渡って安定的な売上が見込める商品
  • 長期的に安定的に仕入れることができる商品
  • (できれば)同じ人が何度も購入する消耗品等

もちろん利益率は高い方が良いですが、ここではあまり重要ではありません。

過去に私が運営をしていたことのあるランジェリーショップを元に具体的に説明しますと。

こちらのサイトでは、ランジェリーやコスプレ類は随時、新商品が発売されていきます。新商品は、利益率が高く、ネットショップを華やかに魅せてくれます。ですが、一定期間が経過すると、追加入庫ができなくなっていきます。したがって、毎月のように新商品のリストから仕入れる商品を選び、商品説明を作るという作業が発生します。

一方で、ストッキングなどの消耗品は、長期間に渡って安定的に売れます。仕入れも安定的にすることができるので、商品説明を作る必要はなく、出品の手間としては仕入れた商品の在庫数を増やすだけで構いません。

また、以前に購入したお客さまが追加で購入する際にネットショップに訪問してくれます。消耗品の購入を目的にネットショップに訪問し、目についた新商品があれば、ついで買いをしてくれます。

寿命の長い安定的に供給できる商品を安く売れる体制作ることが大事

お店をするとなると新商品をどんどん扱っていきたいものです。

ですが、上記の例のストッキングのように常にニーズがあり、常に仕入れることができる商品こそがお店のコアとなり、経営を助けてくれます。

スーパーの特売のトイレットペーパーや卵と同じような存在と言ってもいいかもしれません。

ネットショップで商品を購入する際には、購入者にとって、送料という問題があります。できれば、送料を安くしたいと誰もが思っています。消耗品を購入する際に、送料無料まであと少しというところでついで買いをしてくれます。

安定的に売れるもので利益を取りたい気分はあるのですが、スーパーのこういった商品で集客につなげるというのは非常に大切です。

商品ページ制作コストは販売個数によって上下する

商品ページの制作というのは手間で時間がかかる作業です。特に小規模なネットショップであれば、独自性のある丁寧な商品説明を作っていくことが重要です。

たった1ページの商品説明を作るにも、商品の写真を撮影し、商品の使い方やアピールポイントなどを考えるとなると、それなりの時間がかかります。

 

商品ページを時間を掛けて制作しても、その商品がたくさん売れるのであれば、何の問題もありません。安定的に売上が見込め、安定的に仕入れることのできる商品は、長期的に制作コストを回収していくことができるので、その点でも価値があります。

逆に短期間しか売れない季節商品やイベント商品などは短期間にいくらたくさん売れると言っても、その場限りですので、ロングテール商品よりも商品ページ制作コストは高くついてしまいがちです。

商品が売れたときの利益額だけでなく、商品ページの制作コストも考えながら商品、商材選びをしていくことが大切です。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 2

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

-商材、仕入れに関すること
-,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.