「 netshopの記事 」 一覧

いまさらネットショップで稼ぐことができるのか|廃業しているネットショップは多い

ネットショップの基礎知識

いまさらネットショップで稼ぐことができるのか|廃業しているネットショップは多い

かつてネットで売れば何でも儲かると言われた時期がありました。老舗の歴史のあるお店ほどネットへのシフトができないので、身軽な新興の中小のお店の方はネットへのシフトを進め売上を上げてきました。しかし、今やあらゆるお店がネット販売をしており、いまさらネットショップを運営したところで稼ぐことができるのかと思うかもしれません。

ネット販売、転売で一攫千金な時代もあったが、今は難しい理由

ネットショップの基礎知識

ネット販売、転売で一攫千金な時代もあったが、今は難しい理由

ネットショップと一口に言ってもその形態はさまざまです。広くネットでモノを売ると捉えた場合には、ネット販売やネット転売で簡単に儲けることのできる時代もありました。ですが、今は難しいのが実情です。その理由はいくつかあります。

ネットショップの基礎知識

9割のネットショップで売上が上がらない、売れない単純な理由

2018/05/29    ,

以前に下記の記事で書いたとおり、9割以上のネットショップが売れていないのではないかと推測しています。では、それほどネットショップが難しいのかというと、そういうわけでなく、売れないネットショップには理由があります。

ネットショップの基礎知識

ネットショップ市場はまだまだ成長市場だから小規模店舗も売上は期待できる

2018/05/28    ,

ネットショップで簡単に売り上げを上げることができる時代は過ぎ去りましたが、ネットショップ市場はまだまだ成長市場です。小規模店舗でも売上を期待できる市場です。

インターネットは上位独占の場、ニッチなネットショップでないと勝ち残れない

ネットショップの基礎知識

インターネットは上位独占の場、ニッチなネットショップでないと勝ち残れない

「ネットで売れば儲かるだろ」という人は多いですが、インターネットでビジネスをする場合に忘れてはいけないこととしてインターネットの世界は上位独占の世界ということです。

ネットショップはニッチに作る|ターゲット単位で店舗展開が簡単

ネットショップの基礎知識

ネットショップはニッチに作る|ターゲット単位で店舗展開が簡単

ネットショップに限らずお店をする場合には、できるだけ多くの商品を扱って、たくさんの人をターゲットにしたい(取りこぼしたくない)と思いがちですが、ネットショップはニッチに作って、ターゲット単位で多店舗展開が弱者の戦略です。

ネットショップの基礎知識

ネットショップと実店舗の違う点|別物と言えるほど違いがある

2018/05/27    ,

実店舗を運営したことなく、ネットショップをする人にとってはあまり重要ではないかもしれませんが、実店舗とネットショップは完全に別物です。その違いとなる点をまとめてみました。

ネットショップで売上を上げるために必要なのは認識を変えること

ネットショップの基礎知識

ネットショップで売上を上げるために必要なのは認識を変えること

ネットショップで売り上げを上げるためにはどうしたらよいのかというと、最初にしなければいけないことは「ネットショップは楽して売れる」「お店と違って日本中の人が見てるから売れる」という認識を改めることです。

ネットショップ運営の一番難しい点はお客さまと競合の状況がわからないこと

ネットショップの基礎知識

ネットショップ運営の一番難しい点はお客さまと競合の状況がわからないこと

2018/05/26    , ,

ネットショップの運営で一番難しい点は?と聞かれたらやはりお客さまの顔、反応がわからないこと、そして競合店の状況がわからないことです。

ネットショップでもリアルな取引をすることでお客さまの声を聞くことができる

ネットショップの基礎知識

ネットショップでもリアルな取引をすることでお客さまの声を聞くことができる

2018/05/25    , ,

前回の記事でネットショップはお客さまの声や反応が聞けない点が難しいと書きました。この点の一番簡単な解決方法は、リアルに話を聞ける取引を開始することです。では、どのようにしたら良いかというと。

インターネットは上位独占の場、ニッチなネットショップでないと勝ち残れない

ネットショップの基礎知識

ネットショップで稼ぐために必要なのは結局は根気と継続のいる地道な努力

ネットショップを始めたいと相談を受けてショップを構築してあげてから数か月後にまったく売れないんですけど・・と相談しにくる方、ネットショップを運営しているけどまったく売れないと相談しにくる方が多くいます。話を聞くと多くの方に共通しているのは「当たり前のことをしていない」ということです。

トラブル・クレーム対応

クレーム対応やトラブル対応は初動が大切なのはネットショップも同じ

トラブルが起きたときに初動の対応の遅さ、まずさで状況が悪化するケースをテレビ等で見ることがあります。最近では、日本大学のアメフトのタックル問題が対応のまずさによって状況が悪化していますが、これは小規模なネットショップでも同様です。

ネットショップの開業前の流れ

ネットショップの基礎知識

ネットショップの開業前の流れ

2018/05/15    ,

ネットショップを開業する場合の開業までの流れについて簡単にまとめました。順序立てて進めないとショップはできたけども決済ができない、商品が売れたけども発送ができないということもあります。

ネットショップの注文後の流れ、注文後の作業に大きなロスが出やすい

ネットショップの基礎知識

ネットショップの注文後の流れ、注文後の作業に大きなロスが出やすい

2018/05/10    , ,

ネットショップを運営するにあたり、ショップでどうやって販売するかに着目しがちですが、ネットショップの運営で労力がかかるのは売れてからの作業になります。注文後の流れについては簡単にまとまめした。

ネットショップは、優良顧客をターゲットにすることでクレーム数、問い合わせ数は減る

トラブル・クレーム対応

ネットショップは、優良顧客をターゲットにすることでクレーム数、問い合わせ数は減る

ネットショップを運営しているとさまざまなお客さまがおられます。その中でもショップ側として困るのはクレーム客やクレームに近い問い合わせなどです。多くのネットショップがスタッフ数は最小限で運営されているため、1人のスタッフが電話対応などに回ることになると大きな損失(他のスタッフへの負荷)となります。では、そういったことを減らすにはどうしたらよいかというと

ネットショップの基礎知識

ネットショップは複数店舗運営が主流|簡単にお店が増やせるのがネットショップの特長

2018/04/30    ,

お店を経営するとなると、実店舗の場合、ターゲットを絞り、地域を考え、外装、内装を考え、1つのお店を作り上げる形になり、1つのお店で収支をきりんと出すことが目標になりますが、ネットショップの場合には、1つのショップに拘る必要はありません。

コラム

ネット販売時の保証書の発行方法。保証書に販売店印は押さない方が良い

2018/04/28    ,

電化製品などはメーカーの保証書が商品に同封されています。そして、その保証書には、店名や購入日の記入が必要と書かれています。

ネットショップでこのような商品を販売する場合の注意点をまとめました。

ネットショップの運用形態4タイプ|シチュエーション、状況によって選択肢は異なる

ネットショップの種類

ネットショップの運用形態4タイプ|シチュエーション、状況によって選択肢は異なる

ネットショップと一口に言っても様々な運用形態があります。これからネットショップを始める場合にはどのような運用形態を選ぶべきなのかということはシチュエーションによって変わってきます。

独自ドメインのネットショップ、モール、オークション、アフィリエイトの比較

ネットショップの種類

独自ドメインのネットショップ、モール、オークション、アフィリエイトの比較

ネットショップの運用形態として、独自ドメインのネットショップ、ショッピングモールへの出店、オークション・フリマ系サービスへの出店、アフィリエイトなどがあるという説明を以前に書きましたが、この4つの出店形態のメリット、デメリットについてまとめました。

ドロップシッピングやアフィリエイトとネットショップの違い

ネットショップの種類

ドロップシッピングやアフィリエイトとネットショップの違い

アフィリエイトやドロップシッピングはネットショップと似た側面があります。ネットショップに関する入門書では最初はアフィリエイトやドロップシッピングから手掛けると良いと書いているケースもありますが、私はオススメしません。その理由は・・

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.