コラム

24時間対応可能な電話代行サービスを導入して機会損失等を防ぐ

投稿日:

ネットショップにとって問い合わせ対応時間というのは一つの悩みの種です。以前に下記の記事でも書きましたが、利用者の中には24時間対応をしてくれると思っている人も多くいます。そこでその対応の一つの可能性は24時間対応可能な電話代行サービスを導入するという方法です。

AI電話代行サービスなら24時間対応が月額980円でできる

まず、最初に断っておくと、これは私自身はまだ利用したことの無いサービスです。現在、24時間対応が求められる規模のネットショップは運営していないのですが、現在、新規に運営を開始し始めたネットショップの規模が大きくなれば導入したいと思っているサービスがあります。

それが、「リプレス」というAI電話代行サービスです。利用したことがないので、運営会社のホームページの情報しかわからないのですが、最近その存在を知り、興味を持っています。

そもそもネットショップにかかってくる電話というのは大枠下記の3つに大別できますが、ほとんどが営業電話です。

  • 営業電話(特にSEO関連)
  • 注文に関する問い合わせ(商品の到着日や支払い方法)
  • 商品の詳細に関する問い合わせ(仕様や使い勝手)

また、注文や商品に関する電話についてもきちんとショップページを見れば解決するケースがほとんどで、商品等に詳しい人が対応しないといけないケースというのはあまりありません。そう考えれば、まず電話は電話代行で事足ります。

現時点でのAIの性能というのはわかりませんが、今後についてはAIに置き換えていくことも視野に入れた方が良いかもしれません。

電話問い合わせが多いサービスができたときには私も試してみてレポートしたいと思いますが、1か月無料ですので、電話対応にお困りの方は一度試してみてはいかがでしょうか。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-コラム
-

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.