コラム

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用

更新日:

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

ネットショップ経営者に必要なことは制作スキルではなく、売るにはどうしたらよいか考えること

ネットショップの経営がうまくいかないという相談の中に、HTMLがわからない、画像作成ができないからということがあります。

確かにスキルはあるに越したことはありません。ネットショップ経営者に必要なのはスキル的ではなく、売るにはどうしたらよいのか考えることです。

HTMLがわかるわからないではなく、どのようなネットショップにしていくのか?を考えること、画像作成ができないと悩むのではなく、どのような画像が必要なのか?を考えることです。

ネットショップ経営者がもっとも大事にすべきは商品と仕入れ

ネットショップに限りませんが、小売りでビジネスをする以上もっとも大事なのは商品と仕入れです。売れる商品を安く仕入れることができれば、成功が見えたと言っても過言ではありません。

そしてそのためには、売れ筋商品、トレンドの把握や仕入れルートとの交渉、そして、仕入れた商品を魅力的に見せる商品説明の作成があります。

この点に集中できる環境を如何に用意できるかということがネットショップ経営の成功可否と決めるといってもいいでしょう。

技術はお金で解決できる要素が大きい

ネットショップを運営に手をこまねいている人は、「私はパソコン苦手なので。」とか「インターネットとかわからなくて」と技術面の話をされます。

確かに一定レベルの知識は必要ですが、技術というのはお金で解決できる可能性が高いです。特に最近では、「クラウドワークス」や「Lancers」、「シュフティ」のようなクラウドソーシングがあります。

例えば、カラーミーショップのテンプレートのレイアウトを少し変更したい、画像やテキストを追加・変更したい、もっとセンスの良いネットショップに作り替えたいと思っても、知識がなければなかなか手をだせません。

もし、これをクラウドソーシングで依頼した場合の相場は、カラーミーショップのテンプレートの変更ですと、5,000円~2万円くらい。バナーだと3,000円~という感じです。

クラウドソーシングを活用することで学習にもなる

自分のネットショップをカスタマイズしたくても、知識がないと何から手をつけて良いのかわかりません。一度、クラウドソーシングを活用して外注してみれば、何を変更する必要があるのかがわかってきます。

発注を繰り返すことで学習しないといけないポイントがわかるようになってきます。

クラウドソーシング活用の注意事項は依頼内容を明確にすること

クラウドソーシングを活用して失敗するケースとしては、発注内容が正確に伝わっていなかったということがあります。

そういったことの内容に、依頼内容を明確にしましょう。例えば、テンプレートの変更の場合には、変更後の姿をWordやExcelや手書き資料でも構わないので、図示することで齟齬がでなくなります。

画像作成やイメージ変更の場合には、具体的なイメージをできるだけ伝えるようにしましょう。 参考になる画像やサイトを提供するのもいいでしょう。 「女の子ぽいサイト」とか、「かっこいいサイト」とか極端に言えば「儲かるサイトにしてくれ」(ほんとにあるんですよ。こういう依頼)といった依頼では、仕事をする相手も警戒しますのでなかなか作業してくれる人が見つからなかったり、高い提案をされることになります。

制作会社を活用するかクラウドソーシングを活用するかは状況による

クラウドソーシングは仕事を安く頼むことができますが、作業を明確にして依頼するからこそ安く依頼できると考えてください。相手のスキルもわかりませんが、依頼が明確であればあるほど正確にこちらの要望に応えてもらいやすいです。

一方でふわっとした依頼を頼むのであれば、顔を突き合わせて相談できる近くの制作会社の方が良い場合もあります。

覚えたスキルで収入を得ることもできる

クラウドソーシングでは発注側だけでなく受注側になることも簡単にできます。覚えたスキルを活用して収入を得ることもできます。

単価は安くても単純作業もたくさんあります。空いた時間を活用して収入を得るというのも一つの方法です。









おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-コラム
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.