ネットショップの基礎知識

ネットショップで売上を上げるために必要なのは認識を変えること

更新日:

ネットショップで売上を上げるために必要なのは認識を変えること

ネットショップで売り上げを上げるためにはどうしたらよいのかというと、最初にしなければいけないことは「ネットショップは楽して売れる」「お店と違って日本中の人が見てるから売れる」という認識を改めることです。

ネットショップも一つのお店と考えて運営をしなければいけない

ネットショップを運営しているけどもまったく売れないという人に共通することはネットショップを一つのお店という認識をもっていないということです。

一つのお店を運営するということは大変なことです。ネットショップを運営するということも同じです。

楽して稼げるということはない

例えば、下記のようなネットショップがあれば決して儲けることはできません。

  • 多くの人と同じ仕入れ方法(仕入れ価格)で仕入れている(同じ価格で販売している)
  • メーカーページや他店の商品説明、画像を使っている
  • 広告やPR活動をせずに放置している

当たり前と思われるかもしれませんが、そのようなネットショップも多くあります。

実店舗の場合には、上記に加えて立地という条件があります。(立地を広告、PRの一環と見ることもできますが。)近隣に競合店がいなければ高い値段で愛想の悪い接客でも、他に購入することができないので仕方なくそのお店で購入するということがありえます。

品揃え、価格、商品説明、PR活動、接客(サービスや機能)が他店よりも優れている必要があります。

では、どれくらい他店と差別化しないといけないのかということは商品ジャンルによりますので、一概に言えません。どこにでも販売されているような競合の多い商品であれば徹底した差別化が必要ですし、日本でこの商品を販売しているのが自分のお店だけなら何もしなくてもよいです。

難しいことをするわけではなく、地道な努力をしていく

では、どのように差別化していくのかというと難しいことをするわけではありません。地道な努力を積み重ねていくということです。

例えば、実店舗を構えたとして、何もせずにお客さまを待ち続ける人はいないでしょう。特に売上があがらない場合には、何かの改善を考えていくはずです。

お店を掃除する、PRポップを作る、卸業者を探す・交渉する、ビラ配りをする、クーポンを作るetc

といった地道な努力を続けていくはずです。ネットショップでも同様です。では、どのような地道な努力をしていくのかというと販売している商品を欲しいと思っている人をあなたのネットショップに集め、このネットショップで購入しようと思ってもらえるようにしていくということです。

 

具体的な方法については、これから書いていきますが、まずはネットショップも日々の積み重ねが必要という認識を持つことが大切です。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの基礎知識
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.