ネットショップの基礎知識

ネットショップで稼ぐために必要なのは結局は根気と継続のいる地道な努力

更新日:

ネットショップで稼ぐために必要なのは根気と継続

ネットショップを始めたいと相談を受けてショップを構築してあげてから数か月後にまったく売れないんですけど・・と相談しにくる方、ネットショップを運営しているけどまったく売れないと相談しにくる方が多くいます。話を聞くと多くの方に共通しているのは「当たり前のことをしていない」ということです。

ネットで売れば儲かる、楽して儲かるなんてことはない

ネットショップに限らずホームページの運営においても共通するのですが、なぜか多くの人はインターネットの世界はネットショップを作ったら終わり、ホームページを作ったら終わりと思ってしまうようです。

ネットショップもホームページも一つのお店、会社。実店舗ではありえない行動量の人が多い

ネットショップもホームページもお客さまからしたら一つのお店であり、会社です。

お店を運営するとして、開業して何か月も放置するということはありえますか?

でも、インターネットの世界ではそういう人が多いです。

それも特別なことではありません。実店舗に置き換えてみると・・・

  • 毎日、掃除をする
  • 古くなったポップを入れ替える
  • レイアウトを変更する
  • 集客のための看板を見直す、ビラを配る
  • 既存のお客さまにクーポンなどのPRをする
  • お客さまの要望に合わせて品揃えを変える

などなど。お店を作って放置ということはありませんよね。

実店舗だと、汚れがたまると掃除しないといけないと感じますし、お客さまが来なければ、何かアクションを起こさないといけないと思います。ネットショップの運営も同じなのですが、実店舗であれば当たり前のことが肌で感じにくいのがサイト運営の難しい点です。また実店舗であれば、家賃、光熱費など固定費が多くかかるため、焦りもでてきますが、ネットショップは固定費が安いので金銭的なダメージも感じにくいという点もあります。

軌道に乗ればある程度楽に稼ぐことができるようになるが、そこまでは地道なトライ&エラーが大切

実店舗も同じだと思いますが、ある程度軌道に乗れば、楽してという表現には語弊があるかもしれませんが、一定の売上、利益は見込める環境となってきます。

インターネットの世界では、検索順位が上位になり、一定の顧客がつけば実店舗よりも運営は楽かもしれません。一方で、実店舗と違い、最初にショップの存在を認知してもらうまでに時間がかかります。実店舗であれば、お店を工事している段階から近隣の人に興味を持ってもらえたり、知ってもらえたりしますが、ネットショップの場合には、存在を知ってもらうのが大変です。

では、どのような努力をすればよいのかということはこのサイトでさまざまな方法をアナウンスしていきます。

すべてのネットショップにおいて最低限しておくべきことというのもあれば、扱い商品ジャンル、顧客層によって効果が異なるものもあります。

ですが、多くの場合には、地道な作業が要求され、効果のある方法を見つけるまでトライ&エラーが必要となります。

SEO、ネット広告、雑誌広告、テレビショッピングなどの営業電話に騙されるな

そして、地道な努力が必要ということをわかっていない人に甘く囁くのが営業電話です。

ネットショップの運営を開始するとSEO、ネット広告、雑誌広告、テレビショッピングなどの営業電話がかかってきます。彼らのリスト作りには本当に感心します。オープンしてすぐにたくさんの電話がかかってきます。

そして、検索で1ページ目に表示されるようにします。〇〇さんのお店で扱っている商品は当社の顧客が求めていたものです。当社のモールに出店すればすぐに売れます。と、甘い言葉を囁いてきます。

特にSEOに関しては、技術的なことに不安のある人、知識がなくよくわからないと思っている人がついその営業に対応をしてしまいます。

騙されるなと書くと、詐欺にあうように聞こえるかもしれませんが、そのような企業もあります。

そういったところで無駄なお金を使うのであれば、地道な努力を自分でするか、どういった努力をすればよいのかわからなければ、そのことを教えてくれる人、会社を探す方が良いです。

その際に大事なことは制作技術よりもWEBサイトの運営ノウハウがあるかどうかです。

もちろん私が運営している会社でも相談は受けています。(営業してしまっていますが。。よろしければいつでも相談ください。)







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの基礎知識
-, , , ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.