ネットショップの基礎知識

9割のネットショップで売上が上がらない、売れない単純な理由

更新日:

9割のネットショップが売れていない単純な理由

以前に下記の記事で書いたとおり、9割以上のネットショップが売れていないのではないかと推測しています。では、それほどネットショップが難しいのかというと、そういうわけでなく、売れないネットショップには理由があります。

9割のネットショップが売れていない単純な理由は、『放置しているから』

売上があがらないネットショップの多くは、単純に『放置されているから』というケースが多いです。これは、ネットショップに限った話ではなくアフィリエイトやドロップシッピングなどネットビジネスでありがたいな現象です。

では、なぜ放置されてしまうのかというと。それにはいくつかの理由がありますが、代表的なものとしては以下の3つがあります。

ネットショップを作ることがゴールになってしまっている

ネット初心者にありがちなケースですが、ネットショップを作ることがゴールになっているケースがあります。

サイト作りやパソコンに詳しくない人からするとネットショップを作るということには大変な労力がかかります。それゆえにショップが完成をした時点で満足をしてしまい放置してしまうということが少なくありません。

『売れない理由』がわからないから何をしてよいかわからずに放置

ネットショップというのは、売れるまでお客さんのアクションが見えません。ですので、『売れない理由』がわからないのです。

実店舗であれば、単純なところで、「お客さんがいないから売れない」のか、「お客さんがいるけど売れない」といったことを目のあたりにすることができます。

理由がわかれば、自然とさまざまな対策をしていくことができます。お客さんがいないなら宣伝をしないといけませんし、お客さんがいるけど売れないのであれば、接客をしながら買わない理由を探ることもできます。

ネットショップは『売れない理由』がわからないので、対策を考えにくいので放置してしまうということが少なくありません。

『ランニングコスト』が安いから放置してもダメージが小さい

ネットショップは実店舗と比べると格段に『ランニングコスト』が安いです。実店舗ですと家賃、光熱費、人件費(オーナー含む)が必ず発生します。一方で、ネットショップはで、サーバ維持費以外は必要ありません(売れなければ人件費も不要)ので、月に1,000円程度、多くても3,000円ほどのケースがほとんどです。

『ランニングコスト』が安いので、放置してもダメージが小さいので放置(他のことを優先してしまう)してしまいます。

その他の理由としては、商品特性や実店舗との兼ね合いなど

上記3つ以外の理由としては、商品特性上、ネットでは売れにくいものであったり、実店舗を持っている場合には、価格や販売方法に実店舗の兼ね合いがあって制約があるために改善できないということなどがあります。

放置せずに動くことが売上をあげるための第一歩

すでに書いたようになぜ売れないかわからないから、改善のしようがないということは大きな理由としてあります。

ですが、放置せずにアクションを取っていくことで、売れない理由がわかっていきます。他の記事で売れない場合のアクションを紹介していこうと思いますが、大事なことは放置せずに動いていくことです。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの基礎知識
-,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.