ネットショップの基礎知識

ネットショップは複数店舗運営が主流|簡単にお店が増やせるのがネットショップの特長

更新日:

ネットショップは複数店舗運営が主流|簡単にお店が増やせるのがネットショップの特長

お店を経営するとなると、実店舗の場合、ターゲットを絞り、地域を考え、外装、内装を考え、1つのお店を作り上げる形になり、1つのお店で収支をきりんと出すことが目標になりますが、ネットショップの場合には、1つのショップに拘る必要はありません。

ネットショップは複数店舗運営が主流。簡単にお店を増やすことができる

ネットショップは複数店舗を運営することが主流です。大手の電気屋などですと、○○本店、○○楽天店、○○Amazon店、○○Yahoo!店という形になっているのはご存知の人が多いと思います。

ネットショップと言ってもリアルな店舗と同じく人が集まる場所は異なってきます。

モールの場合にはわかりやすく、楽天、Yahoo!、Amazonを万遍なく使うというよりはどこかを主として使っている人が多いです。そのため、前述のように大手は複数のお店を運営しているケースが多いです。

ターゲットに合わせてお店を増やしていくのが売上を上げるポイント

ネットショップの場合、売上を上げる場合には、ターゲットに合わせてお店を増やしていくことがポイントとなります。

複数店舗を増やす方法としては大きく2つあります。

複数のモールに出店する

多店舗展開の簡単な方法の一つは、複数のモールに出店するということです。

それぞれのモールによって客層が異なるため、単純にお店を増やすだけで売上が増えます。

大変なポイントとしては、「コスト」と「操作・管理方法がそれぞれ異なる」という点があります。特に少人数で運営している場合には、後者の方が大変になります。

ASPでターゲットが異なるお店を増やす

もう一つの方法としてはカラーミーショップなどのネットショップASPサービスを利用してターゲットの異なるネットショップを複数運営することです。

扱う商品は同じでも、男性向け、女性向け、年齢層別にショップの見た目、商品説明を変えて、ターゲットを変えていく方法です。

こちらの場合、モールの場合に大変な「コスト」と「操作・管理方法がそれぞれ異なる」ということはありませんが、大変な点としては、商品説明等をきちんとターゲット別にしないとGoogleにコピーサイトと判定されて複数店舗を運営している意味がなくなるということがあります。

複数店舗運営で大事なことは在庫連携をきちんとしておくこと

複数店舗運営で大事なことは在庫連携になります。複数店舗運営はオペレーションが大変な面があります。そこに在庫が無い商品が売れてしまったりすると、お客さまへのお詫び等をしないといけなくなり、さらに大変になってしまいます。

複数店舗運営をする場合には、在庫連携サービスを利用するのが主流です。在庫連携サービスは複数はありますが、オススメするのはネクストエンジンです。

ネクストエンジンの機能面も優れているのですが、ネクストエンジンは物流会社などが導入しているケースが多いです。そのため、物流会社と連携しやすかったり、モールの在庫と連携する場合に、モールの担当者がネクストエンジンのことを知っているためトラブル対応しやすいという点があります。

このようなシステム系のソフトは使いやすさや機能も大事ですが、同業者や関連業者が多く使っているソフトを選ぶというのも一つのポイントとなります。

▼ネクストエンジンについてはこちらから







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの基礎知識
-,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.