ネットショップの基礎知識

ネットショップ運営の一番難しい点はお客さまと競合の状況がわからないこと

更新日:

ネットショップ運営の一番難しい点はお客さまと競合の状況がわからないこと

ネットショップの運営で一番難しい点は?と聞かれたらやはりお客さまの顔、反応がわからないこと、そして競合店の状況がわからないことです。

ネットショップ運営の一番難しい点は、お客さまと競合店の状況がわからないこと

前回の投稿でネットショップも実店舗と同じように地道な努力が必要ということを書きました。ネットショップを開店休業状態にしている人の中には、地道な努力ができないのではなく、どのような努力をしたら良いのかわからないという人もいます。

お客さまの顔、反応が見えないので改善点が見つけにくい

実店舗であれば、お店に入っていただいたお客さまだけでなく、お店を見て店内に入らなかった人を含め、反応をみることができます。

また、お店に入ってくれたお客さまとは会話をすることができますので、お店について、お店の商品や価格についてニーズや不満点を聞き出すことができます。

そういったお客さまの反応をもとにお店の改善をしていくことができます。

一方で、ネットショップの場合には、アクセスの解析結果と実際の購入結果が目に見えるお客さまの動きです。ネットショップに訪れてくれた人がなぜ購入に至らかなかったのかは、わかりません。

その点は、ネットショップの運営者が想像をして、改善をしてみて、その結果を見て、想像が正しかったかどうかということを判断するというプロセスが必要です。

想像を言いましたが、実際には競合の品揃え、価格、サイトの機能・サービス・デザインなどを元に考えていくことになります。

競合店の出店を含めた状況がわからない

もう一つ、ネットだからこそわかりにくいこととして競合店の状況があります。

実店舗であれば、近隣に競合店ができればわかります。また、その競合店の客入り、売上についても実際に見に行けばある程度は状況を把握することができます。

ネットショップを運営していると売上が下がった原因を探っていると競合店ができていた。大手のモールが検索上位に表示されるようになっていたということがあります。

パソコンやインターネットに関する技術不足、知識不足が難しいポイントではない

ネットショップに限らず、ホームページ等の運営でも同様ですが、アクセスが集まらない、売上が上がらない人の中にパソコンやインターネットに関する知識や技術的な未熟さを上げる人が一定数おられます。

しかし、実際には技術的な側面が問題となっているケースは少ないです。確かに知識や技術で解決する問題というのもあります。かつては、知識や技術がないために実現できないことが集客や売上を左右していました。

実店舗運営であれば、内装や外装、広告などを専門業者に依頼したり、相談することは当たり前ですが、インターネットのことになると自分でしなければいけないという思い込んでしまう人が多いようです。

今では、問題と改善の方向がわかれば、比較的コストもかけずに解決する方法はたくさんあります。代表的な方法としては、クラウドソーシングがあります。クラウドソーシングをうまく活用すれば、自分で技術を身に着けるよりも早く、安くネットショップの改善をすることができます。

クラウドソーシングの活用方法やサービスの比較については別途紹介したいと思いますが、今すぐクラウドソーシングを試したいという方に2つほど紹介しておきます。

▼TVなどでも話題になっているクラウドワークス 業界大手です。

▼新しくできたBizseek。まだこれからのサービスですが、手数料が安いので人気が出そうです。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの基礎知識
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.