カラーミーショップ関連

どこでもカラーミーをWordPressで使うことでネットショップの多店舗展開が可能に

投稿日:

どこでもカラーミーをWordPressで使うことでSEOに強いネットショップ作り

以前に上をあげるためには、実店舗と同じように多店舗展開が主流と書きました。しかし少人数で運営をしている場合には店舗数が増えれば、在庫管理やサイト更新・運用、受注管理などの管理コストが大きく増えることが多店舗展開のハードルとなります。そこで、管理コストはあげずに多店舗的に展開できるのがカラーミーショップのどこでもカラーミーです。

どこでもカラーミーをWordPressに設置して多店舗展開を実現させる

そもそもなぜ多店舗展開が必要かというと、1つのネットショップでは、流入経路が限られてしまうからです。そのため、ネットショップに限らずインターネット上でのビジネス展開を考える上で複数のWEBサイトを運営するというのは一般的な考え方です。

多店舗展開の効果が出やすいのは、カラーミーショップなどの独自ドメインのネットショップと、楽天やYahoo!、Amazonなどのモールとの多店舗展開の場合です。SEOによる集客がメインになる独自ドメインとすでに存在している利用者を集客できるモールへ出店することで異なるターゲットを獲得できます。

しかし、モールはそれぞれ独自の仕様で開発されているため、出品、受注管理などの操作方法を一から学習しません。また、在庫管理も煩雑になり、ネクストエンジンなどのツールが必要となってきます。また、楽天などは基本月額料金が発生するということもあり、出店すればすぐに売上を作らないといけません。

そのような状況で2店舗目の運営開始に躊躇されている方も多くいます。

そこで、活用をおススメするのは、カラーミーショップの「どこでもカラーミー」という機能とWordPressを使った多店舗的展開です。あえて、多店舗”的”と”的”という表現を使ったのは、WordPressで作るサイトが店舗である必要がないからです。

それでは、もう少し詳しく説明をしていきます。

そもそも「どこでもカラーミー」とはどんな機能なのか?

「どこでもカラーミー」とは、カラーミーショップで運営しているネットショップで販売している商品の商品ページやショッピングカートを他のブログやホームページに貼り付けることのできる機能です。カラーミーショップを利用している人は、プランに関係なく無料で利用できます。

さらに詳しく知りたい人は、カラーミーショップの公式サイトを参照してください。

>>カラーミーショップ公式サイトのどこでもカラーミーの説明ページ

この機能を活用することで、カラーミーショップで運営しているネットショップ以外のサイトでも商品販売ができるようになるということです。では、どうするのかというと、WordPressを利用します。

WordPressって何?簡単にできるのか?

WordPressとは、平たくというとブログを作ることのできる仕組みです。その機能を使って、さまざまなサイトが作られていて、現在、世界の25%以上のサイトがWordPressで作られていると言われます。

ちなみにこのブログもWordPressで作っています。

WordPressというと難しく聞こえますが、この記事を読んで作ってもらいたいと思っているサイトは、複雑なことを覚える必要はありません。初期設定だけが少し手間取るかもしれませんが、誰にでも簡単にできます。WordPressについては、さまざまなWEBサイトで解説されていたり、書籍が販売されていますが、一番簡単な方法は、下記のような本を購入して、前から順に作っていくという方法です。


もし、誰かに教えてもらいたいという場合には、このブログを運営しているコワーキングスペースUmidassでは数万円でホームページが完成するWordPress勉強会を実施しています。Skype等での遠隔レッスンも受け付けていますので、お気軽にお問合せください。

どこでもカラーミーとWordPressの連携で多店舗的展開が簡単な理由

どこでもカラーミーとWordPressで多店舗的転回が簡単な理由は、本体となるネットショップは1つでネットショップの入り口となる商品ページを複数持つという形になることです。どういうことかといえば、商品ページさえ作ってしまえば、受注管理や在庫管理は今までどおりのカラーミーショップのみを操作するだけで良いということです。ですので、管理コストやスタッフ育成などをしなくても構わないので導入がしやすくなります。

ネットショップと同じ商品説明のページを作っても意味がないので視点を変えたページを作る必要がある

WordPressとどこでもカラーミーで2店舗を作る場合の注意点は、1店舗目のコピーサイトのようなものを作ってはいけないということです。コピーサイトでは、SEO的な効果は期待できず、作るだけ無駄になってしまいます。

既存のネットショップと別視点で商品を紹介したり、説明するサイトにしなければ意味がありません。具体例を挙げて説明すると

スタッフ別のおススメ商品紹介ブログ

もっとも簡単な方法の一つです。ネットショップでブログを運営している人も多いでしょう。そのブログに少し工夫を加える形です。

ネットショップの商品ページではどうしても商品の説明をメインにしないといけません。ブログにすることで商品ページでは書くことが難しいような商品の紹介ができます。

例えば、おススメコーディネートであったり、使い方であったりということです。

商品の使い方やノウハウ紹介サイト

ブログではなく、商品の使い方やノウハウ紹介をするようなミニサイトを作るという方法もあります。例えば、アウトドア商品を扱うネットショップであれば、アウトドアを楽しむ人に向けたサイトを作るという感じです。「BBQのコツを教えるサイト」「初心者向け登山ガイド」といった形で複数のサイトを展開することができます。

ミニサイトの場合には、ベースとなるページは、各サイトは20ページほどでよく、更新頻度もそれほど必要ありません。そのサイトにグッズ紹介のような形で商品の紹介を投稿していけばよいです。

最近、発売された書籍で参考になるものがありましたので、紹介をしておきます。この書籍では、ミニサイトから広告収入を得ることを目的に書いていますが、ネットショップの場合には、ミニサイトから商品販売ができますので、広告収入よりも利益率が非常に高くなります。この書籍のミニサイトの作り方の箇所を参考にしていただければと思います。

どこでもカラーミーはさまざまな形でWordPressに貼り付けることができるのでサイトの内容に合わせた項目を貼り付ける

「どこでもカラーミー」の優れている点は、必要な個所だけを他のサイトに貼り付けることができるということです。

具体的には、下記の項目の表示・非表示を選択できます。

「商品名」「商品画像」「商品説明文」「商品価格」「在庫数」「問合せリンク」「特商法リンク」

すべてを非表示にしてショッピングカードだけを表示するという方法もできます。例えば、ネットショップで掲載している商品画像とは違う画像を使った場合には、商品画像は表示させないということができたりします。

せっかく新しく作るのであれば、ネットショップのSEO効果も狙う

せっかく新しくブログなり、ミニサイトを立ち上げるのであれば、その副次的な効果として、ネットショップ側のSEO効果も狙いたいものです。

理想を言えば、新しいサイトは別のドメインでレンタルサーバを使う形が望ましいです。そして、新しいサイトでネットショップの紹介とリンクをしておくことで、効果が高い被リンクとして扱われます。

今回紹介しているような使い方でおススメしているのは、XSERVERかロリポップです。どちらのレンタルサーバもWordPressを簡単に設置できますので、誰でも始めることができます。また、どちらのレンタルサーバもいくつでもサイトを作ることができます。

WordPressを利用できるプランは、XSERVERは月額約1,000円、ロリポップは月額約500円です。値段が高い分、XSERVERの方が安定性が高く使い勝手が良いと個人的には感じています。そのため、メインとなるサイトを構築するケースでは、XSERVERをおススメしていますが、サブサイトの場合にはロリポップでも十分です。なお、たくさんのサイトを作る場合には、被リンク効果を上げるために、レンタルサーバを分けた方が良いです。



注意点は、あくまでSEO的な集客になるということ。モールへの出店とは効果は違う

最後に注意点を伝えておくと、あくまでSEOによる集客がメインとなることです。モールへの出店の場合には、そのモールの利用者を集客できる可能性がありますが、そのような効果はありません。ですので、1サイト増えても急激に売上が増えることはないと思います。

既存のネットショップには来ないユーザーを別のキーワードで集客するという形なることを忘れないでください。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-カラーミーショップ関連
-,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.