発送、梱包、運送関連

宅急便の伝票番号の読み込みはバーコードリーダーで。バーコードリーダーの選び方

更新日:

宅急便の伝票番号の読み込みはバーコードリーダーで。バーコードリーダーの選び方

ネットショップでは、商品の発送時に宅急便等の伝票番号をお客様にお知らせする必要があります。個人で運営しているネットショップでは、伝票番号を目で見て手打ちで入力しているところも少なくないと思いますが、宅急便などのバーコードは個人でもバーコードリーダーを使って読み込むことができます。

バーコードリーダーを買えば伝票番号の読み取りができる

先日も伝票番号を登録するのがめんどくさい、入力間違いをしてしまうということを聞きました。

その時に、バーコードリーダー使ってないの?と驚いて伝えたのですが、その知り合いはバーコードリーダーで伝票番号を読み取れることを知らなかったということでした。 私は、10年以上前からバーコードリーダーを使っていたので、当たり前に感じていたのですが、ネットショップ関連の書籍やサイトでもなかなかこのことは触れていないように思います。

バーコードリーダーで伝票番号を読み取れば省力化&入力ミスを無くすことができる

バーコードリーダーを使うと手入力には戻れません。本格的なネットショップでなくとも、ヤフオクやフリマアプリなど頻繁に商品を送る人でも持っておいた方が良いです。

作業効率がアップするとともに当然のことながら入力ミスを無くすことができます。

バーコードリーダーはワイヤレス接続のものが4,000円程度で購入できる

バーコードリーダーを購入したことのない人は、バーコードリーダーって結構、高そうってイメージをもっておられるようなのですが、2,000円程度から販売されています。

最近では、2,000円前後のものはUSB接続、4,000円以上となるとワイヤレス接続となっています。なお、1万円以上するバーコードリーダーもありますが、伝票番号を読む程度であれば、高性能なものは必要ありません。また、基本的にどのような製品であっても伝票番号を読み込むことができます。バーコードを選ぶときに注意する点は、接続方式と充電方式です。

USB接続のバーコードリーダーのメリットとデメリット

USB接続のバーコードリーダーのメリットは「USBから給電されるのでバッテリなどについて心配する必要がない」「バーコードリーダーからブラウザやExcelなどに直接入力することができる」という点です。

一方でデメリットは、「作業時にコードが邪魔になる」「パソコンの近くで作業しないといけない」ということです。

ワイヤレス接続のバーコードリーダーのメリットとデメリット

ワイヤレス接続のバーコードリーダーのメリットは「作業時にコードが邪魔にならない」「作業場所を選ばない(パソコンの近くでなくて良い)」ことです。

一方でデメリットは、「充電や電池について気にしておかないといけない」「パソコンから離れて作業する場合には、メモリ等からパソコンに読み込ませる必要がある」という点です。

 

結論から言うと、自分の部屋などが作業の中心となる小規模なネットショップだとUSB接続のバーコードリーダー、パソコン作業と商品の置き場所が離れているような中規模以上のネットショップだとワイヤレスタイプのバーコードリーダを選べば良いと思います。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-発送、梱包、運送関連
-, , ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.