コラム

ネットショップって儲かるのか?という質問はナンセンス

更新日:

ネットショップって儲かるのか?という質問はナンセンス

ネットショップをしていると人に言うと、よく「ネットって儲かるんですよね」と言われます。また、実店舗している人には、「ネットショップって儲かるの?」と聞かれます。「ネットショップ」ってお店の一形態にすぎないので、儲かるかどうかって話は微妙だなと思っています。雑談レベルで話題とするのは全然OKですけどね。

 ネットショップはあくまで事業形態の一つであり儲かるか儲からないという議論をすべきでない

ネットショップの運営方法を書かれたサイトでは、ネットショップは儲かると書かれていることが多いです。ですが、ネットショップというのはあくまで事業形態の一つですので、儲かるか儲からないかという議論はすべきでないと思います。

「ラーメン屋って儲かるの?」とか「カフェって儲かるの?」という質問と同じだと思います。

むしろネットショップは実店舗よりも廃業率は高いと推測される

ネットショップの廃業率というのは正確にはわかりません。そもそもネットショップと一口に言っても運営形態はさまざまですし、事業主体も個人から法人まであり、特に届け出等はなく事業を開始できるのでそういった統計はありません。

ですが、検索してみると30%とか、50%という数字が出てきます。 開店休業状態の事実上廃業されているようなものを合わせると個人的には80%くらいあるのではないかと思います。

少し参考としては、私は以前に小規模ですが、卸業もしていました。ネットショップをしたいということで取引を開始しされるお客さまがたくさんおられますが、9割以上が1年後にはサイト運営を辞めていたように思います。

いくつも理由があると思いますが、大きくは以下の2点ではないかと思います。

ネットショップの廃業率が高いであろう理由

1.上位数%しか儲からないインターネットというものの持つ特性

ネットショップに限らずインターネット上でのビジネスが持つ特性として、上位数パーセントしか儲からない仕組みがあります。インターネット上では検索エンジンやランキングサイトあるいは広告などで集客のできるサイトのみが儲かります。つまり各ジャンルで生き残れるネットショップは限られているのです。

これが実店舗だと少し事情は変わってきます。実店舗の場合には商圏となるエリアの状況に大きく左右されるからです。どんなに高いお店、まずいお店でもその地域にその業種のお店がなければ、ある程度の売上を出せる可能性があります。

2.投資しないからこそ儲からない

ネットショップは無料サービスですべての準備を終えることもできます。逆にだからこそ儲からないともいえると思います。片手間で開業してみたけども、投資もしていないので更新などもほったらかしにしているというネットショップが大量にあります。

もし、実店舗で地代、人件費などが発生しているなら、経営者の行動は変わってくると思われます。

3.簡単に始めるから簡単にやめれる、放置できる

ネットショップを始めるのは簡単です。1日あればショップ自体を立ち上げることができます。費用も無料のサービスもあります。有料サービスでも年間数万円です。またショップを動かしておくためのお金も対してかかりません。これが実店舗であれば、動くお金も数百万~数千万円となり、お店を運営するためには人件費もかかります。運営者としてどれくらい真剣に考えるかという点ではこの差は大きいのだと思います。

ネットだから儲かる、安くできるといった考えは捨てるべき

何が言いたいかといと、ネットだから儲かるとか、投資が少なくて済むから儲かるとかそういう考えは捨ててもらいたいということです。

どんなに小さくても事業ですから、努力すればうまくいくかというとそういうことはありません。ですが、普通にやってもうまくいかないという前提で運営をしてもらいたいと思っています。

ただ、本気でやるのであれば、初期投資を抑えることができ、また、サラリーマンが副業として始めるにも本業の状況に合わせてネットショップ側の仕事量を調整していくことができるという点では大きなポイントだと思います。実店舗であれば、そうもいかないと思います。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-コラム
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.