ネットショップの種類

ネットショップの運用形態4タイプ|シチュエーション、状況によって選択肢は異なる

更新日:

ネットショップの運用形態4タイプ|シチュエーション、状況によって選択肢は異なる

ネットショップと一口に言っても様々な運用形態があります。これからネットショップを始める場合にはどのような運用形態を選ぶべきなのかということはシチュエーションによって変わってきます。

ネットショップの運用タイプは4つある

ネットショップの運用タイプには大きくわけて4つのタイプがあります。

  • 楽天やYahoo!ショッピングなどのモールに出店
  • 独自ドメインによるオリジナルショップ
  • オークションやフリマアプリなどの売買サービス
  • アフィリエイトやドロップシッピング

どの運用形態を選ぶべきかということは扱う商材、使えるお金、置かれているシチュエーションなどによって変わってきます。

ネット販売の展開を大規模に展開する場合や資金があればモールへの出店

ネットショップというと楽天やYahoo!ショッピングを想像する人が多いですが、モールに出店すれば売れるということはなく、撤退しているお店も多数あります。

モール出店に向いているのは・・・

  • 自社製品のネット販売を大規模に展開したい
  • 人気商品、定番商品を大量に有利な条件で仕入れることができる
  • 資金的に余裕があり、資金を使って大きな売り上げを上げる必要がある

といった場合です。

ネットショップを低リスクでスモールに始めたい人独自ドメインのオリジナルショップ

独自ドメインのオリジナルネットショップは構築や集客には少しハードルがありますが、しっかりとしたスキル、ノウハウを身に着けることができます。

低リスクで売上に応じて拡大していきたいという人は独自ドメインのオリジナルネットショップが向いています。

また、他の運用形態を選ぶ場合でもシンプルな形で良いので独自ドメインのオリジナルショップを運用しておくことをお勧めします。

ネット販売というものにこれから取り組みたい人はオークションやフリマアプリ

ネットでモノを売るという経験のない人がいきなりネットショップの運営を始めるとさまざまな問題に直面します。

まずは、オークションやフリマアプリを利用してみることでネットでモノを売る経験を積むことからスタートすることでソフトランディングできます。

また、ネットショップの運営を開始してからもオークションやフリマアプリというのは販売チャネルとして有効に活用できますので、その仕組み、使い方を覚えておくべきです。

特定商品に深い知識があるのであればアフィリエイト、ドロップシッピング

リスクのないネットショップとしてアフィリエイトやドロップシッピングを勧めている書籍等もありますが、アフィリエイトやドロップシッピングは商品は扱わずに、商品を売るというビジネスモデルです。

リスクは無く参入障壁も低いため、多くの人がチャレンジしていますが、実際にお金を手にしている人は多くありません。

よほど特定の商品に深い知識などがあり、他の人とは違った角度、内容で商品を勧めることができるのであればアフィリエイトやドロップシッピングでも成功できる可能性はありますが、難易度は高いです。

逆に言えば、アフィリエイトやドロップシッピングでうまくいかなくてもネットショップはうまく運営できます。ホームページ制作スキルなどを身に着けるためのテーマとしてチャレンジしてみるのは良いかもしれません。

 







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

カラーミーショップとBASEの料金比較-従量課金のBASEか定額のカラーミー 2

前回、カラーミーショップとBASEを価格面から比較しました。今回は機能面から比較していきたいと思います。

カラーミーショップとBASEを機能面で比較【BASEはカラーミーのスモールプラン相当?】
カラーミーショップとBASEを機能面から比較するにあたり、私もBASEで簡単なネットショップを作成してみました。普段、カラーミーショップをメインに使っているので、どうしてもカラーミーショップの方が詳しい説明になりがちですが、その点、ご了承ください。また、間違い等がありましたら、ご指摘いただければと思います。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 5

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

-ネットショップの種類
-, , , , ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.