ショップ開業

ネットショップのコンセプトは大切だが簡単に変更できるのでシンプルに考えることが大切

更新日:

ネットショップのサイトコンセプトは大事だが、簡単に変更できるのがネットショップのメリット

ネットショップに限りませんが、サイト構築にあたって大事とされるのはサイト名、ドメイン、コンセプトです。 とにかく難しいサイト名、コンセプトですが、実店舗と違いコンセプトは簡単に変えることができるとのネットショップのメリットです。ただ、サイト名やドメインは簡単に変えることはできませんので後悔しないように決めましょう。

サイトコンセプトから決めるのがセオリーだが、変更も容易にできるのがネットショップ

ネットショップの開業について書かれた本などを読むとサイトコンセプトから決めるように書かれているケースが多いです。

また、ネットショップに限らずホームページの制作はもちろんのこと実店舗においてもコンセプトというのは非常に大事です。

サイトコンセプトとは何か?

サイトコンセプトとよく言いますが、それが何を示すのかということはわかりにくい概念です。

ネットショップにおけるサイトコンセプトとは、どのようなターゲットに商品をどのように売っていくのかということです。

お店をするうえで基本的なことです。ですが、初めてのサイト構築、ネットショップ構築であったり、初めて扱う商材の場合、どこまで煮詰めることができるかということは疑問です。

販売を開始してみると、もともと考えていたターゲットとは異なるターゲット層以外のニーズを発見することができます。

そもそもコンセプトメイキングというのは非常に難しいので、シンプルに考える

理想を言えば、ターゲットとターゲットに提供できる価値、他店との差別化ということが一言で表せるコンセプトワードを作ることができればよいですが、コンセプトメイキングというのは、巷に関連書籍があふれているように非常に難しいです。

ターゲットは男性なのか、女性なのか、年齢層はどれくらいか。 お店のウリは、価格勝負なのか、品質勝負なのか、サービスなのかといったことだけを明確にして、作り出してみるというのがよいと思います。

また、コンセプトには、大規模なプロジェクトにおいては関係者の認識を一致させるという内部的な目的もあるのですが、小規模な場合、まして個人で1人で運営するような場合には、作業を進めながら考えをまとめていくという方法も通用します。

ネットショップはコンセプトを簡単に変更できることがメリット

ネットショップの構築は、カラーミーショップのようなASPサービスやモールへの出店をするケースが多いです。多くの場合には、基本となるテンプレートを選んでネットショップを作っていきます。


実店舗であれば、店構え、看板、什器など特定ターゲットに合わせて準備をしたあとに、変更するというのは非常に難しいですが、ネットショップであれば、運営後にもテンプレートを変更するだけで比較的簡単に変更ができます。

初めてのネットショップ構築であれば、長く机上で悩むよりは、多少の失敗をしてでも動いて学んでいく方が早く解決します。

店名とドメインは簡単に変更できないので慎重に

コンセプトは変更しやすいのですが、店名とドメインは簡単に変更できませんので慎重に決めましょう。コンセプトと店名は関連しあっているのですが、ネットショップは実店舗に比べてコンセプトめいたネーミングよりもストレートなネーミングの方が売上に効果があります。

そのあたりのことは下記の記事を参照してみてください。







おすすめ記事

1

ネットショップをする場合には、ネットショップ専門のASPサービスを利用するのが簡単です。ネットショップのASPサービスはさまざまなものがありますが、その中でもいつも私はカラーミーショップを選んでいます。カラーミーショップを選択するのにはメリット・理由があります。

発送代行の委託で発送ミスを減らし費用も削減 2

ネットショップの売上があがると毎日発送する商品の数も増えてきます。毎日、商品の荷造りをして宅配会社に渡すだけで1日が終わるという嬉しいような虚しいような日々になります。発送数が増えると商品の入れ間違いや送り先間違いなどのミスも発生し始めます。当然のことながら入荷商品の整理も発生し、倉庫スペースのやりくりも必要となります。商品の内容にもよりますが、1日の発送数が20~30個を超えだすと発送代行への委託を検討するタイミングです。ネットショップだけでなく、オークションやフリマサイトなどでの販売でも物流・倉庫会社の利用は可能です。

3

ホームページを作るならアメブロよりも独自ドメイン派なのですが、アメブロには集客力があります。今回、とあるネットショップからアクセスアップの相談をいただき、SEO対策はしましたが、SEO以外の集客ルートとしてアメブロとアメブロキング2を活用することにしました。結論としては非常に効果がありました。

ネットショップ経営者が運営に集中するためにはクラウドソーシングの活用 4

ネットショップの運営というと、ホームページ作成の知識やHTML・CSSの知識、画像作成の知識などが必要と思いがちです。確かにあるに越したことはありません。ですが、ネットショップの経営者として必要なのはネットショップ作成スキルではありません。スキル的に不足していることはクラウドソーシングを活用してネットショップ経営に集中するようにしましょう。

-ショップ開業
-, ,

Copyright© 稼げるネットショップ経営.COM , 2018 All Rights Reserved.